top of page
  • 執筆者の写真Hiroshi Morita

MergeBaseのソフトウェア・コンポジション分析(SCA)サービス提供を開始しました。

Meristem Inc.(本社:東京都港区、CEO 森田博、https://meristem.jp 以下「Meristem」)は、MergeBase Software Inc.(本社:カナダ バンクーバー、CEO兼共同創業者 Oscar van der Meer、https://mergebase.com/ 以下「MergeBase」)と パートナー契約を締結し、日本におけるMergeBaseのソフトウエア・コンポジション分析(SCA)サービス提供を開始しました。


昨今、産業機械や自動車等の制御、また、IoT機器・サービスや5G技術においても、オープンソースソフトウェア(OSS)を含むソフトウェアの利用が広がっています。ソフトウェアのセキュリティを確保するためには、ソフトウェア部品表(SBOM)などを用いて、ソフトウェア部品に関する脆弱性、法的リスク、技術的負債を適切に管理する必要があります。


ほとんどのアプリケーションには多くのOSSコンポーネントが組み込まれています。これらに対する攻撃は、過去2年間で10倍に増加しています。米国、EU、その他の国々の政府は、自国の経済、国民、国家安全保障に与える被害を抑えるために、断固たる措置をとっています。

日本の経済産業省も今年7月末、主にソフトウェアサプライヤーを対象とした「ソフトウェア管理のための部品表(SBOM)導入の手引き」を策定しました。


MergeBaseは、上記の規制/ガイドラインに対応した価格競争力のあるサービスで、現在ヨーロッパ、北米、オーストラリアでご利用いただいております。


ガートナー社によると、「2026年までに、ミッション・クリティカルなソフトウェアソリューションを調達する組織の少なくとも60%が、ライセンス契約とサポート契約においてSBOMの開示を義務付けるだろう。」としています。


MergeBaseの CEO である Oscar van der Meer 氏は、今回の提携について次のように述べています: 「このようなソフトウェアサプライチェーン攻撃から日本企業を守り、世界的に導入されつつあるSBOM規制に対応するために、メリステムと協力できることを大変嬉しく思います。」


MeristemのCEOである森田博は、次のように述べています。:「Meristemは、海外から日本市場に参入する企業や、日本から海外市場に参入する企業に対して、様々なサポートサービスを提供しています。今回、日本におけるMergebaseのパートナーになったことを嬉しく思うとともに、日本におけるMergeBaseの事業立ち上げに貢献してまいります。」


サービスに関するお問い合わせ:https://info@meristem.jp






関連記事

すべて表示

APImetricsとContxtが合併し、APIガバナンス、セキュリティ、パフォーマンスサービスを一体的に提供へ

APIモニタリングのパイオニアであるAPImetrics Inc.と、APIプライバシーとセキュリティのリーダーであるContxt Ltd.は本日、両社の専門知識と革新的なソリューションを統合することに合意したと発表しました。今後、両社は一体として、APIをプロダクトとして提供する企業が直面する課題に取り組んで参ります。 APImetricsは、オープンAPIエコシステムが直面するパフォーマンスと

農業IoT事業の支援を開始しました。

農業IoT、データドリブン農業、農業DX化等言われていますが、農業という既存の事業分野がITにより再構成・再構築されていくなかで、しっかりと貢献できるように努めてまいります。

APImetrics、API Scienceの買収により、事業を拡大

弊社Meristem Inc.が日本における総代理店を担当しております、APIパフォーマンスのモニタリングサービスを提供しているAPImetrics (https://apimetrics.io/apimetrics_japan/)は、2022年1月25日、API Science(https://www.apiscience.com/)を買収することを発表しました。 今後、API Dashboar

Comments


bottom of page